E3雑感

2015年のE3は年末〜春にかけての新作だけでも話題性があったのですが、何と言ってもFF7リメイク、シェンムー3、トリコの情報が絶大なインパクトがありました。

いずれも「出ない事で有名なゲーム」として知られていただけに、驚かされました。

「出ない事で有名」という呼び方だとネタのような扱いですが、内心では「やっぱり実際に出てほしいなあ」と思っていたのではないでしょうか。それを真っ直ぐにユーザーが伝えられなかったのは、ここ10年間のCSゲーム業界の迷走が大きかったと思います。

もう迷走に付き合う必要も無いし、出ないゲームをあきらめる必要も無い。

シェンムー3はキックスターターで$2,000000集めたことも話題になりました。ユーザーの期待をお金という形のあるもので見せたことは、その金額以上の価値のある出来事だったと思います。

Shenmue 3 by Ys Net — Kickstarter

SCEの発表が話題になったE3でしたが、勝ったのはSCEでなくユーザーだと思っています。勿体ぶる、安物で妥協させる、ユーザーに背を向け密室に籠もる、そんなことでは売れなくて当たり前。今時公務員だってもっと真面目に商売のことを考えます。

ゲームは密室の取引で作られるものでなく期待するユーザーのために作られる、当たり前のことが当たり前になることを期待しています。

 

コメントは受け付けていません。