ゲームレジェンド申し込みました

ゲームレジェンド25
2016年11月6日(日)11:00~15:30
川口市キュポ・ラ本館4階フレンディア(埼玉県川口市川口1-1-1)

まずは申し込みました。前回は途中でPONG本が売り切れてすみませんでした。でもじっくり一つのタイトルを突き詰めるって面白いですね。インタビューでは味わえないものをお届けできればと思います!

スクリーンショット_2016_09_05_22_58

PS VITAのバッテリー切れの仕様について

「艦これ改」は“兵站”と“軍事行動”のゲーム。徳岡正肇氏によるレビューを掲載 – 4Gamer.net

 上記のように,「艦これ改」において深海棲艦はアグレッシブに攻撃してくる(難易度が低いとほとんど攻撃してこないが)敵である。だが,よりパッシブかつ凶悪な敵として,「PS Vitaのバッテリー」がある。

本作にはオートセーブが存在しない。このため,夢中になってセーブせずにずっとプレイしていて,気がついたらバッテリーが切れてしまった,といったことが起こった場合,最後にセーブした地点まで巻き戻ることになる。ひと言で言って「その瞬間にゲームを二度とプレイしたくなくなるくらい地獄」なので,セーブはお忘れなく。いやマジで。

VITAのバッテリー切れ間近の仕様は、

①最初に画面に警告が出る
②維持できなくなったら特別なスリープに入ってゲームの状況を保護するモードに入る
③そこから充電すれば巻戻ることも無くゲームに復帰

というもので突然電源が切れてゲームが失われることを防ぐようになっています。

そこから更に充電しないと保護モードも失われてしまうのですが、何日も放置しないとそこまで行かないので通勤通学のプレイなどでバッテリー起因の巻戻りはまず起こらないと思います。

ライターの方は実際にバッテリー切れになったのでしょうか。

パズドラのCTW裏技 4年かけて見つかる

パズドラはドロップをタップしてスライドさせて同じドロップを3つ繋げて消して行くゲームなんですが、指を離した時点でターン終了なので複雑なコンボを決めるのはかなりの慣れが必要です。

その制約に対する抜け道のようなスキルが「チェンジザワールド」で、そのターンだけ制限時間内なら何度指を離してもOKになります。制限時間を過ぎたら自動的にターン終了というのが元々の仕様です。

当初はこれで何の問題も無かったんですが「チェンジザワールド(CTW)」の能力が拡張されてバインド解除などの効果が追加されました。効果を分けることはできないのでバインド解除するとCTWも一緒に発動して強制的にターン終了というのが悩みの種でした。

なぜかというと、バインドされたキャラのスキルを使うためにバインド解除しようとしても、そこでターンが敵に回ってしまうのでそのターンではスキルを使えないのです。バインド解除のほうを目的とするプレイヤーには「使い物にならない」という評価でした。

しかし最近CTWの裏ワザが発覚して

「ドロップを持って、持ったままの状態で1マスも動かさずに時間切れまで待つとターンが進まない」

という仕様が見つかりました。敵にターンが回らないのでその後もスキルが使えるという訳です。

CTWはリリース初期からあるスキルなので、4000万DL×4年の人月を費やしてようやく見つかった裏技でしょう。裏技のレア度をプレイヤー人数×期間で評価するなら最高ランク、かも…(笑)