あの時のマックスむらいは何が凄かったのか

リンク:マックスむらいが人気の頂点で見た地獄──「私は好きなことで生きてはいけない」仕事への責任や使命感を背負って戦う生き様 https://originalnews.nico/270489 

本エントリはこの記事を読んでの感想というか、振り返り的な内容です。

ゲーム実況が仕事になった

 2013年、既にスマホも動画サイト、スマホアプリのゲームもポピュラーな存在だった。そう書くとそんな昔の事ではないように思えるが、現在とはいろいろと世相が違っていた。スマホアプリはガチャでレアキャラを引くだけのゲームと思われていたし、動画サイトへの投稿も個人の趣味と思われていた。ニコニコ動画では「技術の無駄使い」「野生のプロ」という言葉が褒め言葉として使われていた。見返りも無いのに面白い動画をUPすることが投稿主の「粋」だった。ゲームのプレイ動画も趣味of趣味だった。

 そんな中、Appbankがやったのがパズドラの攻略をライブ動画にするというものだった。内容はスーパープレイでも役に立つ攻略でもなく、見知らぬおじさんが何回もコンテニューしながらプレイするというもの。そのおじさんがマックスむらいだった。

 商業コンテンツとしては型破りな内容だったがニコニコ動画の視聴者カウントで16万人。個人の放送だったら凄いで終わるが、企業ベースのコンテンツでこれが成立したということは「ゲーム実況が仕事になった」ことを意味していた。

4秒に社運を賭ける

 その後パズドラ動画はショーアップしてゆく。特に人気だったのが高難易度ダンジョンに挑む「降臨戦」。生放送と同時に配信される新ダンジョンをノーヒント1発勝負で攻略するという番組だった。見事ノーコンクリアするとガンホーから全パズドラユーザーに魔法石(課金アイテム)がプレゼントされる。

 何百万のユーザー×アイテムの金額、に相当する額を賭けているようなもので、それでなくてもAppbankのブランド力、スマホアプリ業界の盛り上がりなど諸々のプレッシャーがかかっていたと思う。まさに社運を賭けているような印象だった。ちなみに4秒とは当時のパズドラの操作可能時間。4秒内に揃えるドロップを全て揃えなければいけない。当時出演したプレイヤーは揃って、手が震えてどうしようもなかったと言う。

「落ちコン」を呼び寄せる

 ショーアップされた中でクリアを決めてゆくことはもちろん「凄い」が、もう一つ「運を呼ぶ」ことも重要だった。当時のパズドラは今ほど便利なスキルは無かったから運の要素も強かった。