「ゲーム産業は娯楽産業であるが、最先端のソフトウェア技術が集約された 情報通信技術産業」みずほ銀行のレポートに注目

みずほ銀行の「みずほ産業調査 コンテンツ産業の展望」が大力作と一部で話題に。
http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/industry/sangyou/pdf/1048_all.pdf

さすが金貸す側だけあって本気を感じる内容です。ゲームは121Pから。長いけど読む価値あります。
「スマホに行けばブルーオーシャン〜〜♪」みたいなフワフワした話が目立つ中、

ゲーム産業は娯楽産業であるが、最先端のソフトウェア技術が集約された 情報通信技術産業であり、最先端のゲーム開発には、クリエイターの高いソフ トウェア技術と習熟度が要求される。〜(中略)〜

また成長が続くモバイルゲーム市場は、海外製ゲームの大量流入や高品 質・低価格ゲームの登場によるさらなる競争激化が予想され、今後も日本のゲ ーム会社が国内のシェアを維持できるかは不透明である。〜(中略)〜

そのため、ゲーム会社は、コンシューマゲーム分野における最先端のゲー ム開発への投資を続け、ゲーム開発の技術やスキル向上に努めることが重要 である。(141Pより)

と最先端の技術が重要と纏められています。

いくらアイディアが大切とは言えそれを実現する技術が無ければ結局何も出来なくなる、というのはユーザー側から強く言われていたことですが、それをちゃんと指摘するメディアは少なかったと思います。

112Pからの業界の概要も、客観的にまとめられていて価値があります。

ゲームライターの書いたものはどうしても個人のゲーム体験とか思い入れに引きずられてこのようなレポートは出来てないなと思います。

ゲーム産業はエンタメ産業ではありますが山師に居場所を与える場では無く、きっちりビジネスとしてやってかないと脱落してゆくものだと捉えています。

 

有楽町 かもめ

IMG_1542

 

ゲームセンターではなくて、パチンコ屋と同じ7号営業なんだけど有楽町駅前にかつてあった雀球のお店。撮影時には既に閉店していました。

昭和の娯楽を今に伝える、という感じの店内でしたが今はもう景品交換のある「本番の遊び」として楽しむことはできません。寂しい限りです。

ちなみに浅草のスマートボールのお店は現存していますが、特例的に認められていた(?)景品交換も今は無くなり純粋なゲームセンターになっていました。この辺融通宇効かないのかな…

写真は2002年8月撮影です。

 

C87 冬コミ

遅くなって申し訳ありません!
2014/12/29(月曜日・2日目)東A48b アーケードゲーム愛好会AMP にて

ゲームレジェンドで出した縮刷版CD-ROMと、MSX本を委託で出させていただきます!
当日はRootも売り子でスペースに居る予定です。

新流線堂アーカイブ

流線堂が過去に出した「ゲームの博物館」シリーズ全14冊を全ページ収録した初めてのCD-ROMです。また「ソフトウィザード」「移植倶楽部アーケード専科」などの本も収録されているお得な一枚です。
PDFで収録されており、PDFに対応した様々なデバイスで読むことが出来ます。(表示確認はMac/Winでのみ行っております)
価格は¥800です。

MSX本はこちらで紹介したものです。価格は¥100。MSXに関する記憶をお試し的に書き連ねた小さなコピー本です。

 

 

Pinball Wizardの歌詞解説

The Whoの「Pinball Wizard」は当時のゲーム場の事情が基になっていて、今となっては歌詞の意味が分からなくなりつつあるのではないか、ということで解説してみます。

Ever since I was a young boy I’ve played the silver ball.
(Silver ballは銀の球。ピンボールは銀色の金属球を持ち玉として、これを落とさないように遊ぶ。Silver ball=Pinball)

He stands like a statue Becomes part of the machine. Feeling all the bumpers Always playing clean.
(bumpersは持ち玉が触れると反発するように仕掛けてある役物の総称。この役物によって一度降りた球が跳ね返るなど複雑な動きを与え、起伏に富んだゲーム展開を実現させている。)

He plays by intuition The digit counters fall.
(当時のピンボールは0〜9の数字が付いたリールを回すことで得点表示としていた。基本的に普通にプレイしていれば壊れないが、激しくガチャガチャ回るので壊れてしまいそうだ、という表現。)

Always has a replay never tilts at all
(高得点を取るともう1プレイ無料でプレイできるようになる機種があります。1975年当時主流のフィーチャーでした。もちろんリプレイを獲得できるプレイヤーは上手いということです。それを毎回獲得できるので非常に上手いという事。)
(ピンボールでは台を揺らすことは正当なテクニックです。フリッパーでは届かないコースを取ってしまったボールを揺らしでコントロールして延命させます。しかし揺らしすぎるとTILT判定で操作無効になり、強制的にボールを失うことになります。TILTにならないという事は台の揺らしが適切であるということ。)

I thought I was the Bally table king.
(Ballyはピンボールの代表的なメーカー名の一つです。「ピンボールの王様」ぐらいの意味。)

He’s got crazy flipper fingers
(フリッパーはピンボールにおいてプレイヤーが直接操作することになる羽根のような部品。フリッパーでボールを弾きます。クレイジーなフリッパーさばき、という意味。)