PS VITAのバッテリー切れの仕様について

「艦これ改」は“兵站”と“軍事行動”のゲーム。徳岡正肇氏によるレビューを掲載 – 4Gamer.net

 上記のように,「艦これ改」において深海棲艦はアグレッシブに攻撃してくる(難易度が低いとほとんど攻撃してこないが)敵である。だが,よりパッシブかつ凶悪な敵として,「PS Vitaのバッテリー」がある。

本作にはオートセーブが存在しない。このため,夢中になってセーブせずにずっとプレイしていて,気がついたらバッテリーが切れてしまった,といったことが起こった場合,最後にセーブした地点まで巻き戻ることになる。ひと言で言って「その瞬間にゲームを二度とプレイしたくなくなるくらい地獄」なので,セーブはお忘れなく。いやマジで。

VITAのバッテリー切れ間近の仕様は、

①最初に画面に警告が出る
②維持できなくなったら特別なスリープに入ってゲームの状況を保護するモードに入る
③そこから充電すれば巻戻ることも無くゲームに復帰

というもので突然電源が切れてゲームが失われることを防ぐようになっています。

そこから更に充電しないと保護モードも失われてしまうのですが、何日も放置しないとそこまで行かないので通勤通学のプレイなどでバッテリー起因の巻戻りはまず起こらないと思います。

ライターの方は実際にバッテリー切れになったのでしょうか。

コメントは受け付けていません。