急降下爆撃隊の基板がオークションで出品される(落札済)

■コナミの没ゲー「急降下爆撃隊」基板のみ、カタログ付 – ヤフオク!

1989年にショーで出品され、そのままお蔵入りになったコナミの没アーケードゲームの基板がオークションに出品されていました。既に終了していてその価格831,000円!

AMショーなどのショーに出展されながら没になったゲームは意外に多いのですが、没だけあって一般の市場には出回らないのが普通です。しかしどういう経緯か分からないのですが中古屋などで所有されている場合があります。

基板を見るとジャンパが大量に配線されていていかにも開発中という感じです。

肝心のゲーム内容ですが拡大縮小・回転機能を使ったメタルホークのようなものです。しかし操作が8方向レバーと3ボタンっていうのが無理がありました。右で右平行移動、右下・右上で右旋回、上下で上昇下降という操作は考えられてはいますが、そういう操作が他に無かったのは無いなりの理由はあるなあという感じでした。

ゲーム自体は動いてはいたものの当たり判定とか怪しかったような…?

CPUがZ80というのもまた無理があった感じです。

そういう訳で多分同一のものと思われる別の写真があるのでUPします。もう時効だよね…

 

kyukoka_pcb

コメントは受け付けていません。